YouTuberは今後いなくなる?収入激減でYouTuberは終わり!?

YouTuberってどんな仕事?

YouTuberとはYouTubeに動画を投稿して、その動画の再生数による収入、企業案件による収入で生活している人の事です。

今や数多くのYouTuberが活動をしており、YouTubeだけで生活をしている人が多くいます。

先日調査された子どもの将来なりたい職業ランキングでは、

「YouTuber」

がランクインする程、YouTuberと言う仕事は世間を賑わせるようになりました。

日本トップのYouTuberを例に出すとHIKAKINさんやはじめしゃちょーなどが有名ですね。

YouTuberのコンセプトは

「好きな事で生きていく」

と言う理念で、多くの方がYouTuberに憧れるのも納得ですね♪

私も好きな事で生きていけたらどれだけ幸せか…

それに人気YouTuberともなれば、収入は普通のサラリーマンとじゃ比にならない位稼げますしね。笑

ただここ最近、YouTubeの動画再生による広告が減り、多くのYouTuberは収入の多くが下がっているそうです。

そこで今日は、

  • なぜ収益が下がっているのか
  • 今後のYouTuberはどうなるのか

などについて詳しく書いて行きたいと思います。

なぜYouTuberの収益が下がっているのか

一言で言ってしまえば、YouTubeに広告を出していた大企業が続々とYouTubeから撤退し広告を出さなくなって来ているからです。

皆さんご存じだと思いますが、広告とは、動画再生前に流れる動画の事です。あの動画によってYouTuberは収益を挙げています。しかし、あの動画がなくなるとYouTuberにはお金が入らなくなります。

もし広告が全くなかったら、いくら動画再生数が伸びてもYouTuberにはお金が一切入ってきません。

その広告を出している企業が減ってきている為、YouTuberの収益が減ってきていると言われているのです。

人気YouTuberのシバターさんが動画でこのような事を言っていました。

前までは1再生0.1円くらいあったけど今は0.02円くらいになってきたと…

それがこちらの動画。

こうなってくると、YouTuberの収益は単純に計算しただけでも5分の1になってしまいます。

月に100万稼いでいたYouTuberでも20万になってしまいます…

なぜ企業がYouTubeに広告を出さなくなったのか?

ここで問題になってくるのがなぜYouTubeに企業が広告を出さなくなったのか?

 

いろいろ原因はあると言われていますが有力なのがこちらです。

広告を貼るのに不適切な動画がある事が原因です。

YouTubeにはYouTuber以外にも数多くの動画が載せられています。それは差別的な物から違法な物まで様々。

そういった動画に企業の広告が貼られていてはイメージが悪いですよね。

ルールを破った様な不適切な動画を挙げている人がいるため、企業が広告を出すのを辞めたそうです。

そこでYouTube全体の広告が減り、真っ当な動画を挙げているYouTuberにも影響が出てくると言われています。

YouTuberは今後どうなるのか?

企業が広告を出さなくなり、今後YouTuberはどうなっていくのか?

これはYouTuberが好きな人や、YouTuberになりたいと思っている人には大きな問題になってくると思います。

YouTuberが好きな人にとっては今後YouTuberが動画を出さなくなってしまう危険もありますし、YouTuberになりたい人にとっても大きな問題である事は明白です。

ここからは私の個人的な意見になるのですが、結論から言えば、

今後もYouTuberは活躍し続ける!

と思います。今後とは、何十年先とかは分かりませんが、しばらくの内は大丈夫だと思います。

その理由は大きく分けて

  • YouTubeが今後動画の規制を厳しくする
  • YouTubeの利用人口は世界で10億人
  • 企業とのタイアップが増える?

などが考えられます。1つ1つ見ていきましょう。

まず1つ目が、YouTubeの今後の動画規制が厳しくなるという事。

YouTubeには誰でも動画をアップする事がで、企業のイメージを下げるような動画や違法動画が多く蔓延しています。

そこでYouTube側がこういった動画を取り締まり、YouTubeのイメージを回復させる動きにでています。

実際に対策として、こういった動画を取り締まる為に人員増加や人工知能を使った対策を発表しています。

ただここで問題になってくるのが、今までは許されていた過激なYouTuberの動画にも規制がかかる可能性があるという事。この規制がどこまでかかるかは分かりませんが、過激な発言だったり、映像が少なくなり、YouTuberの活動にも制限がかかってくるかもしれません。

これはTVも同じ歴史を辿っており、昔の番組は今よりもぶっ飛んだ内容だったのと同じように、YouTuberの動画内容も今後変わってくるかもしれませんね…

少し寂しい気もしますが、YouTuberがなくなるよりはいいですよね。

2つめは全世界で10億人の利用者がいる事。

全世界で10億人の利用者がいるYouTubeはGoogleにとっても大きな収入源です。そのYouTubeをGoogle様が黙っている事はないと思います。1つ目の理由と被りますが、何らかの形で対策を取り、今後もYouTubeを継続させるために対策をとってくると思います。

10億人の利用者があるYouTubeをそう簡単には無駄にはしないと思います。

 

3つ目は企業とのタイアップが増えるのではないかと考えます。

実はトップYouTuberは企業とのタイアップで大きな報酬を得ています。大物YouTuberになれば1本の動画のギャラは数百万あるとも言われています。

企業とYouTuberが個人的に契約をすれば、広告収入以外にもお金が発生します。それに企業は数多くのいるYouTuberから選んで宣伝してもらう事も出来るわけです。

つまり、他のYouTubeのイメージの悪い動画には影響されずに、人気でイメージの良いYouTuberとだけ契約すればいいのです。

企業とのタイアップは人気YouTuberでないと難しいですが、YouTuberが増えていく事で企業もそれぞれの特徴にあったYouTuberと契約しタイアップが増えていくのではないかと考えられます。

ゲームのアプリを宣伝したい企業でしたら、ゲーム実況のYouTuber。化粧品を宣伝したい企業でしたら、化粧系の動画をあげているYouTuber。

このように企業とのタイアップが今後増えていくと広告収入以外にもYouTuberとしての収入が生まれてくると思います。

まとめ

今後YouTubeはどうなっていくかは、正直な所誰にも分からない事だと思います。

ただ、すぐにYouTubeがなくなり、YouTuberがいなくなってしまうと言う事はないと思います。

今現在YouTubeの収益が減っていて騒がれていますが、今後のYouTubeの対策次第ではまだまだYouTuberと言う職業は大丈夫なのかな?とも思います。

どちらにせよ、今すぐYouTuberがいなくなると言うわけでもないので、今後もYouTuberたちの活躍に期待したいですね♪

[ad#under]

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です